効率のいい瞑想のやり方

こちらでは、効率よく瞑想するための方法をご紹介します。スマホや雑誌など気になるものを周囲からなくし、気が散らない環境で行いましょう。心が休まるような穏やかで歌詞がない曲を流しましょう。明かりを消し、アロマキャンドルの光がゆらゆらと揺れるのを感じましょう。ぼーっと見つめているとだんだんと心が落ち着いていきます。Tシャツなどゆったりとした服をきましょう。ベルトも時計も自分を縛っているものはすべて取り除き体を解放させてください。

それでは瞑想していきます。まず手と足の温度を感じてください。冷たければ瞑想に入る準備がまだできていないのでストレッチなどをして体をほぐし芯から温めましょう。冷え性の方は、瞑想の前に白湯を飲むのもいいです。準備が整ったら、目をつぶりゆっくりと鼻呼吸をしながら楽しいことや明るいことばかりを思い描きましょう。心が軽くなったら瞑想スタートです。意識を呼吸に向けて、何も考えないようにし身を任せましょう。最初は、数分という短い時間から行うことをお勧めします。慣れていないのに長時間行うと、無になれずネガティブなことを想像しがちだからです。ゆっくりと時間を長くして慣れていくことをお勧めします。

瞑想をするメリット

残念なことに精神疾患の患者の数は、年々増加傾向にあり20代~50代と働き盛りの男性の方に多くみられます。具体的な数値でいうと、10年で過労が原因で2000人近くの方が自殺しています。1.5日に1人と考えると無視できない数値と言えます。ストレスと脳には深いつながりがあり、こういった背景から瞑想をしてストレスを少しでも取り除く必要が今注目されているのです。今まで、スポーツクラブには縁がなかった中高年の方も自分ではストレスがうまく発散できないからと瞑想を目的として加入される方が増えています。

いくつかの実験では、瞑想することで集中力が高まることが証明されています。仕事を短時間で効率的に片づけることができれば、平日に30分でも自分の自由な時間がもて心の余裕へとつながります。また、回数を重ねるごとに自分をコントロールすることに慣れてくるため気分の切り替えがスムーズに行えるようになります。さらには、頭の中を落ち着いて整理できるようになるため優先順位を迷わずつけることができるようになります。また、古い考えにとらわれず夢いっぱいの世界を創造できるようになるため、斬新なアイデアが生まれやすくなるといったメリットがあります。

スポーツクラブで人気の瞑想

ひと昔前までは、スポーツクラブではルームランナーで走ったり、筋肉を鍛えたり、みんなでエアロビクスをしたりと、体を鍛えることがメインでした。しかし最近では、スポーツクラブは体を鍛えるだけでなく心と体のリラックスにも力をいれているところが多く中高年の男性にも注目されつつあります。

その1つがマインドフルネスと呼ばれる瞑想です。瞑想って目を閉じてぼーっとするだけでしょ?と思われがちですが、実はGoogleをはじめとした世界のトップ企業でも、瞑想は心と体を癒し集中力を高めるものとして大注目し、導入を進めています。瞑想の効果は科学的にも脳を休めることが証明されています。

ストレス社会で戦っている私たちは、少なからず無意識のうちにプレゼンに失敗したらどうしよう、将来このままでいいのだろうか、といった不安にとらわれています。そういった負の感情は心と体に負担をかけ、その負担がさらなる悪循環を招きます。これらをすべて断ち切り、明るい未来にむかって進むためのものが瞑想です。瞑想にはとても静かで落ち着いた環境が必要ですので、アパート暮らしの方や、家族と住んでいる方は自宅で瞑想をするのは結構難しいのが現状です。

スポーツクラブでは、とても静かな環境や、リラックスできる音楽、適度な室温、効率的に瞑想できるようにするための専門スタッフがそろっており、トレーニングを終えた後、1日を幸せな気持ちで終わらせるためのプログラムが充実しています。

関連サイト《スポーツクラブ・スポーツジムなら【メガロス】
・・・マインドフルネス瞑想ができるスポーツクラブのサイトです。